--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.14 なあおしま
今日~んん~昨日?は

面接、まるこ、りくろうおじさん、木原さん

そんな感じでわんさか。


で、そろそろ直島のポストカード作んなきゃやばいな~って思って

2週間ごとに作業しては放置してきた直島にとりかかる。

7_14_1.jpg

なかなか、良いと思う。

初期のリンゴと象やチョビクマと同じ感じで人気者になる気がする。


直島とゆう事で、女の子は少しモードな髪型でシュールなレオタードにしてみた。

イメージは専門学校時代のテキスタイルの担任のセンセイの若い時。

ものすごくストイックな人で、初めて会ったアーティストはそのセンセイかも。

50歳過ぎくらいのに、ベリーショートで芸術家にありがちなピタっとした

黒のタートルネック着てた。

学生時代は、そのセンセイの授業が厳しいしめんどくさいから嫌だったけど、

今のアタシの、考える力は、そのセンセイが教えてくれたんだと思う。

ファッションデザインの学科だったけど、アートの専門学校だったから、

服作るよりは、なにかイメージして描いたり立体作ったりのが多かったかも。

3つの色をピックアップして、1色づつ5つの言葉をイメージして、その言葉

でその色を立体で表現するとか。

おもしろい授業だな~。

なにかを表現する時に、理由がないと受け付けてくれないセンセイだったな。

デザイン画に『7』の数字を描いた友達がいて、センセイが何で7なの?

って質問した時に、別に~なんとなくって答えたら、そんなの意味がないわって

そのデザインボード放り投げられてた。。

アタシは、なんだかんだで、ものに意味を付けるのが得意?だから

発想とデザインは素晴らしいって褒められたよ♪

だけど、次第にボロがばれて


もっとなんでも完璧にこなさなきゃ気が済まない子だと思ってた。。


って、アタシの適当さに呆れてたけど☆


なんだか、センセイ思い出して長々書いてしまった。



あんまり、専門時代の話してないなって思って懐かしくなっちゃったよ。

けど、多分それは、今が濃いせいだよね☆


絵描きになって、絵の学校に行かずに服飾の学校に行ってた事が物凄く

コンプレックスだったんだけど、今考えると、あの専門時代があるから

今の『つづく絵』があるんだと思う。

ある作家の人に

『絵の学校行ってたら、こんな絵は書けない』

って言われて、なんだか肩の力が抜けたよ。

人生、自分が歩んだ道がきっと全て正しい道だったんだよね。

たとえ遠回りでもさ。


7_14_2.jpg

そそ、久しぶりにポストカードの納品作業してたら、保護用の透明ビニールのサイズが

大きかった!!

このままいこうと思ったんだけど。

なんか、気になって、1枚1枚、0.7mmづつカッターで切る。


やっぱり、地味な作業からは逃れられないのね。



つづく








スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://tuduku1027.blog45.fc2.com/tb.php/23-ae778a0f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。