--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.05 結果
4月29日
淀 京都競馬場


AM3:30に起床し、7:30頃に京都競馬場到着
結局、ワクワクしすぎて一睡も出来なかった・・・



12_04_29_01.jpg



入場券片手に、早朝から行列に並び開門待ち


回数券の、カラフルでチープなデザインがお気入り


女子色が一切ない、シンプルなデザインが良い








12_04_29_02.jpg



まずは、CMにもなっていたライスシャワーの石碑にご挨拶








12_04_29_05.jpg



沢山の人に、屋台やイベント


G1はまるで、お祭りみたい



12_04_29_03.jpg
12_04_29_04.jpg






雲ひとつ無い晴天


大好きな、競馬場の色たちが鮮やかに映える




12_04_29_06.jpg



アタシにとって、【 色 】を1番楽しめるのは



遊園地やサーカスより、競馬場だと思う



晴れた日限定だけど





12_04_29_07.jpg






真夏の様な、日差しの中


いよいよ11レース、春の天皇賞が開幕



12_04_29_08.jpg


人.人.人.人 !


3冠馬、オルフェーヴルの出走だけあって


今回の春天は、予想通り凄い人


ファンファーレと共に、会場のボルテージも頂点へ!



いやあ~、この時は本当に興奮した~







そして、最高潮のままレース開始



12_04_29_09.jpg



ん?


茶色の馬体(オルフェーヴル)が、後ろから3番目・・・





12_04_29_10.jpg



ざわめく場内



人は本当に信じられない光景を目にすると



顎に手をあて「えぇ~・・・」


と、小さく声を出すんですね~






てな訳で、怪物と言われたオルフェーヴルが



まさかの惨敗



18頭だての11着という結果




競馬...いや、人生に【絶対は無い】



と、思い知らされた1日でした









いやしかし、本当に楽しい1日をありがと

オルフェーヴル!













つづく




スポンサーサイト
2012.04.28 春天
4月29日、春の天皇賞



またまた競馬ネタですが、生まれて初めてG1を見に行きます



G1と言うのは、よく耳にする


有馬記念やダービー等、とても名誉あるレースです




皆に、競馬行こ!競馬行こ!って誘っているんだけど



朝5時出発とかなりの混雑が予想される為



今回はひっそりと夫婦だけで見に行く事になりました









12_04_28_01.jpg
12_04_28_02.jpg




今回の春天は、長年の競馬好きも【こんな馬、見た事がないっ!】



と言わしめる、オルフェーブルが出走予定



現役4歳馬にして、既に伝説化している馬だけに



レース当日は、かなり賑わうだろうな




ちなみに今回の JRA のCMは、第107回天皇賞(春)のライスシャワー





ライスシャワーは、【関東の刺客】と呼ばれてるんだって



ライスシャワーの生涯は、なんとも言えないもんがある



暇な人は、ウィキペディアを読んでみて
http://ja.wikipedia.org/wiki/ライスシャワー












競馬には1つ1つ物語がある



そのレースの、その馬の、その騎手の物語が



さて、次の伝説はどんなだろう~♪










つづく








2011.12.12 馬と色
2011_12_12_1.jpg


何故か周りには、競馬・馬好きがとても多い


アタシはというと、ウマ科の動物は大好きなんだけれど


唯一サラブレッドだけ、苦手






小さい頭 と 細くて長過ぎる足


動物のシルエットの中では、少し異様


それは、ヒトが『走る為』に創りあげた


生きた芸術


だから、なんか違和感があったのかも




そんなアタシが

2011_12_12_2.jpg
11_12_12_8.jpg
11_12_12_6.jpg
2011_12_12_3.jpg



競馬場に行った瞬間



もう一瞬にして、競馬の虜になってしまった



とりあえず、色が凄い



次々に飛び込んで来る、色!色!色!の連続



まさか、競馬場がこんな沢山の『色』で溢れているなんて







競走馬の馬具




ジョッキーの勝負服




手入れされた芝生や花壇




情報掲示板




開かれた一面の空







それら全てが、混じり気のない原色で



アタシは終始、ドキドキしてしまった!



なんだか、良い作品に出会えた時みたいな刺激



2011_12_12_4.jpg




多分、これからの人生


馬を追いかける事になりそうです








てなわけで、今ではすっかり競馬好きの仲間入り

※あくまでも個人の感想です。
競馬場に集まる人達の多くは、アタシとは違う目線で競馬を楽しんでいるかと思われます。


2011_12_12_6.jpg












そして






サラブレッドはとても美しかった














つづく



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。